株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コラム

株式投資の教育

中嶋 航一

今回のコラムは、若い人に必要な株式投資の教育について考えてみます。  私が担当する講義に、いま大学で流行っているプロジェクト型演習による「経済学と株式投資」があ...

(2017年02月13日)続きを読む »

中嶋 航一 氏のコラム一覧 » 過去コラム一覧 »

起業の必要性

中嶋 航一

今回のコラムは、起業について考えてみます。 少子高齢化が進んでいる日本経済を元気にするには、若い人が新しいビジネスを起こしてくれる必要があります。 そのため私も...

(2017年01月18日)続きを読む »

中嶋 航一 氏のコラム一覧 » 過去コラム一覧 »

「お金持ち」の視点から見た金融リテラシー

中嶋 航一

「お金持ち」とは  私は大学で30年以上、経済学を教えていますが、学生さんの授業評価によると、私の教える経済学は、経済学の教科書とかなり違う「変な経済学」だそう...

(2016年10月21日)続きを読む »

中嶋 航一 氏のコラム一覧 » 過去コラム一覧 »

年金退職ナビ

【第16回】相続手続きマニュアル

年金退職ナビ

相続とは、被相続人の財産に属する一切の権利と義務、債権や債務を相続人が受け継ぐこと。いざというときに慌てないためにも、基本的な手続きを確認しておきましょう。続きを読む »

金融最前線

松井証券営業推進部の佐々木健吾氏に聞く 『投信工房』で18年ぶりに投信販売を再開。ファンドラップとの違いを体感してみたい

金融最前線

松井証券は2016年11月28日、投資信託を使って誰でも簡単に国際分散投資をおこなうことができるサービス『投信工房』の提供を開始した。これは、「ロボアドバイザー」を搭載した投信運用プラットフォームである。投信工房の特徴やサービス提供の経緯などについて、松井証券営業推進部課長代理の佐々木健吾氏に聞いた。続きを読む »

オピニオンリーダーが
						語る

エコノミスト柯隆氏に聞く「中国経済の今とこれから」 知財保護と企業民営化は簡単には進まない。先進国への分水嶺は2020年まで待つことに

オピニオンリーダーが語る

減速傾向が明確になってきた中国経済。習近平国家主席の訪米(今年9月)も実質的な収穫はなかったという見方が多い。株式や不動産などのグローバル市場に大きな影響を与える中国経済の現状と展望を、富士通総研主席研究員の柯隆氏に聞いた。続きを読む »

オピニオンリーダーが語る一覧 »

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

金融最前線

公認会計士の平林亮子さんと、ラジオNIKKEIで番組アシスタントを務めている内田まさみさん。二人とも仕事の内容は違いますが、大きな共通点があります。 それは、毎日のように企業人と会うのが仕事であること。 そんな二人がちょっとしたアイデアを思いつきました。「そうだ!会社に行こう」続きを読む »

  1. 読み込み中

マーケット情報

株価騰落率ランキング

  • PR
  • PR
  • PR

人気銘柄トップ10

人気ファンドトップ10

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »

K-ZONEユーザがオススメする証券会社

  1. 1位
  2. 2位
  3. 3位