株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は173円安でスタート、前日の急反発に対する利益確定の流れが先行  2月16日09時20分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;15849.47;-173.11TOPIX;1281.48;-10.75

[寄り付き概況]

 日経平均は反落して始まった。15日の米国市場はプレジデンツデーの祝日で休場となり、海外勢のフローが限られる中で、前日の急反発に対する利益確定の流れが先行しているようだ。

 セクターでは鉱業、繊維が小幅に上昇。一方で、海運、ガラス土石、非鉄金属、保険、倉庫運輸、ゴム製品、食料品、金属製品、陸運、その他製品など幅広いセクターが下げている。個別では5000億円の自社株買いを発表したソフトバンクグループが買い気配からのスタート。

 売買代金上位では、メガバンク3行が小じっかりなほか、マツダ<7261>、オリックス<8591>、村田製<6981>、富士重<7270>がしっかり。半面、トヨタ<7203>、ソニー<6758>、ファナック<6954>、NTTドコモ<9437>、ファーストリテ<9983>が冴えない。

<SY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »