株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は19円安でスタート、利食い先行後はプラス圏を回復  2月17日09時27分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;16035.35;-19.08TOPIX;1294.34;-2.67

[寄り付き概況]

 日経平均は小反落で始まったが、その後はプラス圏を回復している。祝日明けの米国市場は、全面高でNYダウは200ドルを超える上昇となったが、欧州市場は軒並み下げているほか、シカゴ日経225先物清算値は大阪比110円安の15930円となり、米株高の反応は限られた。ただし、利食い先行は想定内となる中、前日にストップ高となったソフトバンクグ<9984>が一段高となり、市場全体のセンチメントを明るくさせている。

 売買代金上位では、ソフトバンクグのほか、三菱UFJ<8306>、村田製<6981>、ソニー<6758>、NTT<9432>、KDDI<9433>、NTTドコモ<9437>、日電産<6594>が堅調。一方で、トヨタ<7203>、三井住友<8316>、富士重<7270>が売り先行で始まっている。セクターでは海運、情報通信、電気機器、ガラス土石、機械、その他金融、その他製品が上昇。一方で、鉱業が下落率トップ。石油石炭、輸送用機器、陸運、パルプ紙が小安い。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »