株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は9円高でスタートも下げに転じる、17000円回復で目先的な達成感も  3月07日09時23分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;17024.64;+9.86TOPIX;1373.78;-1.57

[寄り付き概況]

 日経平均は小幅に続伸して始まった後は、下げに転じている。4日の米国市場ではNYダウが4日続伸となり、シカゴ日経225先物は17030円だったことから、朝方はやや買いが先行した格好に。しかし、節目の17000円回復で目先的な達成感が意識されやすいほか、為替相場はやや円高に振れて推移していることもあり、利益確定の売りも出やすいところ。

 セクターでは海運、非鉄金属、鉄鋼、銀行、機械、証券、ガラス土石が小じっかり。一方で、保険、電力ガス、食料品、陸運、情報通信、その他製品、空運、建設、サービスが冴えない。規模別指数では小型株指数のみが上昇しており、大型、中型株指数はやや下げ幅を広げている。

 売買代金上位では、三井住友<8316>、小野薬<4528>、ソニー<6758>、日産自<7201>、ファナック<6954>、トレイダーズ<8704>が上昇。一方で、トヨタ自<7203>、ソフトバンクグ<9984>、SOSEI<4565>、NTTドコモ<9437>、任天堂<7974>、東京海上<8766>が利食い優勢。

<SY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »