株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は21円安でスタート、鉄鋼、卸売、鉱業が小じっかり  3月08日09時21分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;16889.48;-21.84TOPIX;1357.78;-4.12

[寄り付き概況]

 日経平均は小幅に続落して始まった。7日の米国市場はNYダウが5営業日続伸となる一方でナスダックは反落となるなど、まちまちの展開だった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比70円安の16880円となり、これにさや寄せする格好となった。10-12月期GDP改定値は下方修正との見方が大勢だったが、物価変動を除く実質の平均値は前期比年率1.1%減と、速報値の1.4%減から上方修正された。

 指数インパクトの大きいところでは、ソフトバンクグ<9984>、ファナック<6954>、三井物産<8031>、日揮<1963>、三菱商事<8058>、日東電<6988>などが上昇。半面、NTTデータ<9613>、エーザイ<4523>、トレンド<4704>、スズキ<7269>、塩野義<4507>などが冴えない。規模別指数では大型、中型、小型株指数いずれも下げているが、小幅な下げにとどまっている。

 セクターでは鉄鋼、卸売、鉱業、石油石炭、繊維、機械などが小じっかり。一方で電力ガス、ゴム製品、非鉄金属、その他金融、輸送用機器、その他製品、証券、空運、倉庫運輸が冴えない。

<SY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »