株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は173円高でスタート、前日の下げに対する自律反発で33業種すべてが上昇に  3月28日09時36分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;19159.07;+173.48TOPIX;1537.50;+13.11

[寄り付き概況]

 日経平均は反発して始まり、19100円を上回っている。注目された週明けの米国市場は、トランプ大統領の政権運営能力に懐疑的な見方が広がったことから売りが先行した。ただし、ハイテク株を中心に下げ幅を縮小しており、ショック安の影響は限定的であった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比170円高の18980円となり、前日の大幅な下げに対する自律反発の展開に。

 セクターでは33業種全てが上昇しており、証券、鉄鋼、非鉄金属、ガラス土石、鉱業、保険、石油石炭、化学、銀行、電気機器が上位に。売買代金上位では、JAL<9201>、ソフトバンクG<9984>、西日本鉄道<9021>、メガバンク3行、トヨタ<7203>、オリエンタルランド<4661>、ファナック<6954>、SUMCO<3436>が上昇。半面、任天堂<7974>、すかいらーく<3197>、ファーストリテ<9983>が冴えない。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »