株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

10時35時点の日経平均は53円安、東芝は様子見ムードが優勢に  4月11日10時43分

10時35分時点の日経平均は前日比53.01円安の18744.87円。TOPIXは前日比4.93pt安の1494.72pt。

東証1部の売買代金トップは東芝<6502>。一部報道で、本日が期限となっている17年3月期の第3四半期の決算発表で、監査法人の適正意見を付けずに発表する方向で最終調整していると報じられている。3度目の発表延期もリスクとして意識されていたなか、上場維持へ向けて期日どおりの発表を優先するもよう。なお、監査法人の意見がつかない決算発表は異例とされており、様子見ムードが優勢となっている。その他、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、ペプチドリーム<4587>、ソフトバンクグ<9984>、トヨタ自<7203>、みずほ<8411>などがランキング上位に続いている。

値上がり率上位銘柄は、石川製作所<6208>、新日本無線<6911>、兼松サステック<7961>、大阪有機化学<4187>、池上通信機<6771>など。石川製作所は前日比15%高に。新日本無線は、通期予想の上方修正による黒字転換見通しが好感され、大阪有機化学は前日からの物色継続。

一方値下がり率上位は、スミダコーポレーション<6817>、プレナス<9945>、GMOペイメント<3769>、アゴーラ<9704>、東芝<6502>など。スミダコーポレーションは前日比16%安となっている。


(株式アナリスト 若杉篤史)




<WA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »