株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株番長:株番長注目のクロマグロ養殖関連銘柄 10月11日12時47分

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家株番長氏(ブログ「株番長の注目銘柄」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2017年10月7日10時に執筆

どの時期でも通年需要がある「マグロ」。特に冬が旬の本マグロは、これからの時期、お酒のあてにももってこいだ。さて、先日クロマグロについて、漁獲量の自粛を水産庁が要請したことをご存知だろうか。クロマグロは資源管理のために漁獲の上限が定められていた。しかし今回、7月~9月の間だけで、年間の上限を突破していたことが判明し、この自粛要請に至ったのだ。自粛要請の範囲は、北海道、岩手県などを含む全20道府県。期間は来年6月までだという。そんなニュースを受け、今回はクロマグロ養殖関連銘柄に注目してみたい。

■クロマグロの操業自粛と株式市場の関連性
もともと年間の漁獲量の上限が定められているように、最近では世界中でクロマグロの減少が懸念されていたことは事実だ。そういった中で、クロマグロの養殖を手がけている企業などは、今回の自粛報道を受け、恩恵を受ける可能性はおおいにありそうだ。クロマグロの人工養殖による業績アップで市場にも大きな影響が与えられるとみている。

■株番長注目のクロマグロ養殖関連銘柄

クロマグロ養殖関連銘柄-大吉-
<2060>フィード・ワンホールディングス
同社は、配合飼料の製造・販売、畜水産物の仕入・販売・生産等を手掛けている企業だ。合弁会社を設立している極洋<1301>がクロマグロを人工的に孵化させ成長させる完全養殖に成功している。11月からは同社も一緒に取り組んできた完全養殖クロマグロ「本鮪の極 つなぐ<TUNAGU>」を出荷する予定で、今回の自粛報道を受け、一番恩恵が期待できる企業といえよう。クロマグロ養殖関連銘柄としてぜひチェックしてもらいたい銘柄だ。

クロマグロ養殖関連銘柄-中吉-
<1332>日本水産
漁業・養殖から加工、販売までを手掛ける水産大手企業。

クロマグロ養殖関連銘柄-小吉-
<1301>極洋
水産の大手企業。原料調達らか加工、販売まで幅広く展開している。

クロマグロ養殖関連銘柄-末吉-
<1352>ホウスイ
鮮魚、エビ、カニ、魚卵などの輸入・卸販売などを行う水産流通企業。

■クロマグロ養殖関連銘柄 -総括-
自粛要請の期間は来年6月までという事で、あと半年以上も続く。短期というには期間も長く、クロマグロ養殖関連銘柄として、養殖を手掛ける企業はしっかりとチェックをしておきたいところだ。

--------

執筆者名:株番長
ブログ名:株番長の注目銘柄




<WA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »