株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:ゼンショーHDや東ガスに注目  2月08日09時44分

7日の米国市場では長期金利の上昇が嫌気されたが、NYダウは19ドル安と小幅な下落にとどまっており、昨日の時点でNYダウの200ドル安を織り込んでいた流れの中、ショートカバーが先行する格好になろう。もっとも、不安要因が払拭された訳でもなく、戻り一巡後はこう着感の強い相場展開になりやすく、先物主導によるインデックス売買に振らされやすい需給状況には変わりがないとみられる。物色は決算を手掛かりとした個別での日替わり物色が中心になりそうだ。中小型株は直近の荒い値動きによって需給面での悪化が警戒されるが、一気に解消されていると考えられ、調整幅の大きい銘柄等には仕切り直しの動きも意識されそうである。個別で強気格付けや格上げが観測されているところでは、JSR<4185>、太陽誘電<6976>、ゼンショーHD<7550>、セガサミーHD<6460>、東ガス<9531>が注目される。

<DM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »