株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~ファーストリテなど全般小じっかり、シカゴは大阪比25円高の21475円  2月16日08時05分

ファーストリテ<9983>、シャープ<6753>、ANA<9202>が小安い他は、トヨタ<7203>、フ
ァナック<6954>、ホンダ<7267>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、キヤノン<7751>、
京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル106.16円換算)で全般小じっかり。シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円高の21475円。

15日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は306.88ドル高の25200.37、ナスダックは112.81ポイント高の7256.43で取引を終了した。アジア・欧州株がほぼ全面高となり、長期金利の急激な上昇で悪化していた投資家心理の改善が示され、買いが先行。1月生産者物価指数(PPI)が前月より増加し、利上げ加速への警戒感から一時下落する場面もあったが、複数の主要企業決算が好感され堅調推移となった。ダウ平均は5営業日続伸。

15日のニューヨーク外為市場でドル・円は、106円85銭まで上昇後、106円04銭へ反落し、106円10銭で引けた。米国の1月生産者物価指数(PPI)が予想を上回ったため一時ドル買いが再燃した。しかし、スタグフレーション懸念の浮上や米国の財政赤字拡大懸念、ドル安政策への思惑にドル売りが継続したほか、本邦企業のレパトリ絡みの円買い観測に加え、麻生財務相の発言を受けた円買いが続いた。ユーロ・ドルは、1.2457ドルへ下落後、1.2509ドルまで反発し1.2500ドルて引けた。米国のインフレ指標が予想を上回ったため一時ドル買いが強まった。

NY原油先物4月限続伸(NYMEX原油4月限終値:61.17 ↑0.66)。


なお、ADR日本株の上昇率、下落率上位は以下の通り。

■ADR上昇率上位銘柄(15日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<8303> 新生銀 3.3ドル 1751円 (45円) +2.64%
<3774> IIJ 10.78ドル 2289円 (55円) +2.46%
<6971> 京セラ 57.66ドル 6121円 (129円) +2.15%
<3407> 旭化成 25.02ドル 1328円 (27.5円) +2.11%
<5401> 日鉄住金 24.34ドル 2584円 (49円) +1.93%



■ADR下落率上位銘柄(15日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒日本円換算価格(日本終値比)⇒騰落率
<9202> ANA 7.75ドル 4114円 (-81円) -1.93%
<2802> 味の素 17.83ドル 1893円 (-28.5円) -1.48%
<7752> リコー 10.31ドル 1095円 (-14円) -1.26%
<5406> 神戸鋼 5.27ドル 1119円 (-10円) -0.89%
<6753> シャープ 7.89ドル 3350円 (-30円) -0.89%


■その他ADR銘柄(15日)
コード⇒銘柄名⇒終値⇒円
<1925> 大和ハウス 36.58ドル 3883円 (34円)
<2503> キリン 25.8ドル 2739円 (17.5円)
<3402> 東レ 20.31ドル 1078円 (1.5円)
<3407> 旭化成 25.02ドル 1328円 (27.5円)
<4452> 花王 73.31ドル 7783円 (36円)
<4523> エーザイ 51.97ドル 5517円 (3円)
<4901> 富士フイルム 40.23ドル 4271円 (10円)
<4911> 資生堂 59.87ドル 6356円 (14円)
<5108> ブリヂストン 22.91ドル 4864円 (-2円)
<5401> 日鉄住金 24.34ドル 2584円 (49円)
<5802> 住友電 15.26ドル 1620円 (2.5円)
<6301> コマツ 37.86ドル 4019円 (18円)
<6503> 三菱電 34.4ドル 1826円 (0.5円)
<6586> マキタ 46.81ドル 4969円 (39円)
<6645> オムロン 57.41ドル 6095円 (35円)
<6702> 富士通 30.65ドル 651円 (0.9円)
<6723> ルネサス 5.39ドル 1144円 (9円)
<6753> シャープ 7.89ドル 3350円 (-30円)
<6758> ソニー 48.81ドル 5182円 (9円)
<6902> デンソー 29.29ドル 6219円 (17円)
<6954> ファナック 25.53ドル 27103円 (103円)
<6971> 京セラ 57.66ドル 6121円 (129円)
<6988> 日東電 38.5ドル 8174円 (8円)
<7201> 日産自 21.04ドル 1117円 (4円)
<7202> いすゞ 16.23ドル 1723円 (18.5円)
<7203> トヨタ 135.28ドル 7181円 (39円)
<7267> ホンダ 35.53ドル 3772円 (38円)
<7270> SUBARU 17.42ドル 3699円 (0円)
<7733> オリンパス 39.01ドル 4142円 (2円)
<7741> HOYA 51.39ドル 5456円 (35円)
<7751> キヤノン 37.5ドル 3981円 (27円)
<7974> 任天堂 54.05ドル 45904円 (64円)
<8001> 伊藤忠 37.77ドル 2005円 (10.5円)
<8002> 丸紅 73ドル 775円 (3円)
<8031> 三井物 357.27ドル 1896円 (15円)
<8053> 住友商 16.88ドル 1792円 (16円)
<8058> 三菱商 55.88ドル 2966円 (5.5円)
<8306> 三菱UFJ 7.32ドル 777円 (4.1円)
<8309> 三井トラスト 4.14ドル 4395円 (77円)
<8316> 三井住友 8.97ドル 4761円 (32円)
<8411> みずほFG 3.72ドル 197円 (0.7円)
<8591> オリックス 87.15ドル 1850円 (6.5円)
<8604> 野村HD 6.16ドル 654円 (-2.3円)
<8766> 東京海上HD 47.53ドル 5046円 (-4円)
<8802> 菱地所 17.49ドル 1857円 (2円)
<9202> ANA 7.75ドル 4114円 (-81円)
<9437> NTTドコモ 25.04ドル 2658円 (13.5円)
<9735> セコム 17.94ドル 7618円 (-9円)
<9983> ファーストリテイ 39.36ドル 41785円 (-55円)
<9984> ソフトバンクG 41.42ドル 8794円 (5円)




<HT>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »