株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ピクセルが一時13%近く上昇、20年12月期を最終年度とする中期経営計画を公表  3月30日10時24分

 ピクセルカンパニーズ<2743.T>が4日続伸し、一時13%近く上昇した。同社は29日取引終了後に、20年12月期の連結営業利益目標を2億6400万円(18年12月期予想は1億円)とする3カ年の中期経営計画を公表。これが買い手掛かりとなっているようだ。

 20年12月期の連結売上高目標は62億800万円(同47億8500万円)。3年間の累計目標投資額を約80億円としており、内訳は再生可能エネルギー事業(太陽光発電施設など)に約71億円、IR関連事業(カジノゲーミングマシンやカジノプラットフォームなど)に約4億5000万円、Fintech・IoT事業(集積回路や仮想通貨のマイニングマシンなど)に約4億5000万円の投資を計画している。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<03月29日の陽線包み足達成銘柄(買いシグナル)>
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
RIZAPグループが一時17%高、サンケイリビング新聞社を子会社化でぱどもS高◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »