株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

イントランスは安値更新、利益率の高い物件の売却ずれ込みで18年3月期業績は計画下振れ  4月12日09時56分

 イントランス<3237.T>が続落し年初来安値を更新している。11日の取引終了後、集計中の18年3月期の連結業績について、営業利益が従来予想の4億7000万円から1000万円(前の期比98.2%減)へ、最終損益が2億3000万円の黒字から4500万円の赤字(前の期2億8400万円の黒字)へ下振れたようだと発表しており、これを嫌気した売りが出ている。

 計画にはなかった案件を期中に売却したことから売上高は25億円から26億円(前の期比5.2%減)へ上振れたが、販売用不動産の売却で利益率の高い案件の売却時期が翌期以降にずれ込むことや、瑕疵担保責任に対する対応費用などが発生したことが利益を押し下げた。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
マーケットエンタはS高、事業所譲渡により中古医療機器事業に参入
ファーマFは7日ぶり反発、東証が11日付で日々公表銘柄指定を解除
トレファクが5日続落、既存店売上高計画未達で18年2月期業績は計画下振れ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »