株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

小野薬---急落、非小細胞肺がんの一時治療にキイトルーダ優位との見方強まる  4月17日14時11分

小野薬<4528>は急落。前日にメルクとブリストルマイヤーズが米国がん学会でキイトルーダとオプジーボのデータを発表している。非小細胞肺がんの一時治療に関して、改めてキイトルーダ優勢との見方につながっているもよう。ブリストルマイヤーズは前日の株価が8%近く下落し、一時期待感が高まりつつあったものの、同社にとっても今後の競争激化が一段と懸念される形のようだ。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »