株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場の日経平均は9円高でスタート、マネックスGや任天堂がさえない  4月17日13時19分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21844.68;+9.15TOPIX;1732.33;-3.89


[後場寄り付き概況]

 日経平均は若干ながら前引け値を上回って始まったが、その後は下げに転じる場面をみせるなど、前日終値を挟んでの推移が続いている。TOPIXは若干下げ幅を広げてのスタート。

 セクターでは石油石炭、食料品、陸運、小売、鉱業がしっかり。半面、証券、鉄鋼、非鉄金属、銀行、不動産、繊維が小安い。売買代金上位ではファーストリテ<9983>、ソニー<
6758>、ファナック<6954>、ルネサス<6723>、日本郵政<6178>がしっかり。一方で、マネックスG<8698>、任天堂<7974>、小野薬品<4528>がさえない。


<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »