株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ピクセルは上値追い、ブロックチェーンを用いたスマートコントラクトシステムの開発受託事業開始  4月19日09時17分

 ピクセルカンパニーズ<2743.T>は5日移動平均線を絡め急速に上値を指向。同社はカジノ向けのゲーム機の開発や再生エネルギー分野を収益の主軸に置く。フィンテック分野にも経営資源を注いでおり、同関連株として市場の注目度も高い。18日取引終了後、ブロックチェーン技術を用いたスマートコントラクトシステムの開発受託事業を開始することを発表、トークン・ウォレットや仮想通貨交換所システムなどを受託開発する方針で、これが株価を強く刺激する格好となった。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
イーブックが続急騰、「Yahoo!ブックストア」店舗運営受託順調で18年3月期業績は計画上振れ◇
アドソル日進が大幅続伸、米Lynx社とIoTソリューションで包括契約
19日韓国・KOSPI=寄り付き2483.26(+3.28)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »