株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

やまやの18年3月期営業利益は計画上振れで着地  4月20日15時18分

 やまや<9994.T>がこの日の取引終了後、集計中の18年3月期の連結業績について、営業利益が従来予想の66億円から73億円(前の期比38.9%増)へ、純利益が26億円から32億6000万円(同86.1%増)へ下振れたようだと発表した。

 不採算店の閉店と1月、2月の豪雪の影響を受けて、売上高は1715億円から1688億円(同0.9%増)へ下振れたものの、販売価格と商品構成の見直しにより営業利益は計画を上振れた。また、持ち分法利益の増加なども寄与した。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
債券:先物、後場終値 前営業日比27銭安の150円58銭 
<動意株・20日>(大引け)=ソフィアHD、クックパッド、西部電気工業など
HEROZは1万350円カイ気配で上場初日の取引を終える


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »