株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米ブロック社、6月18日にトークンセールを開始【フィスコ・ICOニュース】  5月16日18時43分

ブロックチェーン関連のスタートアップ企業である米ブロックが、独自の仮想通貨「メトロノーム(MET)」の初のオークションを6月18日に開始することが明らかになった。

同社の共同創業者であるマシュー・ロスザック会長とジェフ・ガルジック最高経営責任者(CEO)兼チーフデザイナーが15日、米情報サイトコインデスク主催の「コンセンサス・カンファレンス」にて発表した。7日間のオークションを行い、800万枚のMETを販売するという。

METは従来の仮想通貨の反省点を踏まえ、仮想通貨の運営者を必要としない「自己統治」、発行と供給が不変の「信頼性」、また別種のブロックチェーン間を往来できる「ポータビリティ」を柱にシステム設計されている。

オークションでは、参加者が適正だと合意した金額水準でトークンを購入できる仕組みとして、1ETH(イーサリアム)=1METで開始した後、1分毎に価格が低下する「価格下降型オークション」が行われる。私募(少数や一定の要件を満たした適格機関投資家のみ勧誘した募集)は行われず、公平な形でのトークン配布が目指される。

METはオークション終了後、支払いや送金など幅広い用途に使用可能となる。収益はブロック社に帰属するのではなく、METの流動性を提供するため、同社のスマートコントラクトシステム(契約を自動的に完了させる仕組み)に残る設計となっている。

同社は2017年10月に年内にトークンセールを行うと発表していたが、開発の遅れにより延期となった。ロスザック氏は2月のロイター通信によるインタビューで、2.5億ドル相当のMETの需要を予測していることを明かしている。同社はブロックチェーンプラットフォームの開発支援を手掛け、知名度が高いことから、トークンセールの動向に注目が集まる。




<MT>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ICOニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »