株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

キヤノンMJが後場上げ幅を拡大、ホーチキとネットワークカメラと入退室管理システムの連携で協業強化◇  5月28日14時09分

 キヤノンマーケティングジャパン<8060.T>が後場上げ幅を拡大。同社とホーチキ<6745.T>は午後1時30分ごろ、ネットワークカメラと入退室管理システムの連携システムで協業を強化すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 ホーチキの入退室管理システム「id・Techno for Professional 2」と、キヤノンMJが販売するネットワークカメラのビデオ管理ソフトウエア「XProtect」を簡単に連携できるように機能拡張したという。これにより、パソコンからネットワークカメラと入退室管理システムのどちらも遠隔操作できるようになるため、日常的な管理が一元化され、利用者の利便性が向上することになる。両社は今後も営業面と技術面で連携を強化し、今回の連携システムにとどまらない総合的な防災・防犯ソリューションの提供を目指すとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
LINEは3日続伸、野村HDと合弁契約書締結しLINE証券設立へ◇
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
SERIOHDが後場一段高、5月は放課後2施設の運営を開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »