株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

フィット大幅安で年初来安値、19年4月期営業予想53%減を嫌気  6月15日14時07分

 クリーンエネルギー事業や住宅・不動産事業などを手掛けるフィット<1436.T>が大幅安で、年初来安値を更新した。同社は14日取引終了後に、19年4月期通期の単独業績予想を公表。営業利益が5億800万円(前期比53.6%減)にとどまる見通しとしていることが嫌気されているようだ。

 売上高は60億4100万円(同1.9%減)を予想。再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の改正や、資源エネルギー庁の電子申請システムの刷新に伴う審査の遅れが、引き続き影響を及ぼすとみている。


出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
伏木海陸運送や兵機海運など買われる、北朝鮮関連貿易活発化思惑で人気化◇
Mマートは急反落、第1四半期進捗率が20%にとどまる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »