株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

5日の株式相場見通し=買い手不在で方向感に乏しい推移に  7月05日08時27分

 5日の東京株式市場は、米中貿易摩擦を巡り、6日にも米中両国が互いの輸入製品に対して追加関税を発動するとの見方が強まるなかで、世界経済へのマイナス影響を懸念して買い手不在の状態が継続しそうだ。手掛かり材料の少ないなかで方向感に乏しい推移となりそうだ。5日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=110円40銭台での推移となっている。

 4日の米株式市場は、独立記念日の祝日のため、全市場が休場となった。一方、4日のロンドン株式市場は貿易摩擦への懸念から反落した。英株式市場主要指標のFT100種平均株価指数は、前日終値比20.20ポイント安の7573.09で終了した。

 日程面では、建築サービス関連事業(リペアサービス、住環境向け建築サービス、商環境向け建築サービス、商材販売)を手掛けるキャンディル<1446.T>が東証マザーズに新規上場する。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
明日の株式相場見通し=買い手不在のなか下値模索、新興市場低迷で個人の買い意欲後退
東京株式(大引け)=68円安、米株安や円高受け輸出ハイテク株中心に売られる
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で下げ幅縮小


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »