株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1:旭化成、三井化学、丸紅など  8月03日07時15分

銘柄名<コード>2日終値⇒前日比

旭化成<3407> 1602.5 +93.5
通期減益予想に反して第1四半期は大幅増益と好調なスタートとなり。

三井化学<4183> 2949 -101
第1四半期は減益で着地。

日立キャピ<8586> 3060 +89
第1四半期は2ケタ増益でスタート。

丸紅<8002> 894.6 +14.4
第1四半期営業利益は前年同期比91.3%増。

システムサポート<4396> 3630 +0
初値は公開価格の約2.3倍となる4000円。

アイ・エス・ビー<9702> 2178 +309
上半期上振れ着地で通期予想を上方修正。

三井ハイテック<6966> 1603 +151
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を格上げ。

スクロール<8005> 736 +55
引き続き第1四半期決算をポジティブ視する動きが優勢に。

三井海洋開発<6269> 3405 +275
通期予想上方修正で減益率が縮小へ。

元気寿司<9828> 4330 +290
1日に続き好決算評価で上値追い。

スミダコーポレーション<6817> 1439 +124
1日は売り先行後に切り返し買い戻しが優勢に。

王子HD<3861> 740 +55
第1四半期決算は市場想定を上回る順調なものに。

日本M&Aセンター<2127> 2996 +53
決算発表直後の急落は過剰反応との見方に。

カプコン<9697> 2923 +132
好決算手掛かりに押し目買いの動きが優勢。

コムチュア<3844> 3720 +175
第1四半期大幅増益決算が引き続き買い材料視される。

日本光電工業<6849> 3200 +195
第1四半期営業損益は黒字に浮上へ。

ソフトブレーン<4779> 459 +17
下振れ決算を嫌気する動きにも一巡感が強まり。

SCREEN<7735> 8510 +310
米ナスダック上昇などで半導体関連には買いが向かう。

ファンコミュニケーションズ<2461> 719 +19
業績予想を上方修正している。

シャープ<6753> 2930 +160
第1四半期好決算を引き続き評価へ。

綜合警備保障<2331> 4880 +140
決算マイナス視する動きにも一巡感強まり。

サンリオ<8136> 2340 +95
大和証券では目標株価引き上げ、買い戻し優勢か。

プリマハム<2281> 587 +26
第1四半期業績観測報道など伝わる。

ファンケル<4921> 6180 +110
水戸証券では目標株価を引き上げ。

京浜急行電鉄<9006> 1902 +66
第1四半期2ケタ増益決算を評価へ。

イーレックス<9517> 967 -187
第1四半期の収益成長率鈍化をマイナス視へ。

イマジカロボ<6879> 628 -150
決算をネガティブ視する動きが継続。

マークラインズ<3901> 1828 -222
上半期大幅増益も出尽くし感が優勢に。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »