株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2:クボタ、アサヒ、NTTドコモなど  8月04日07時32分

銘柄名<コード>⇒3日終値⇒前日比

イビデン<4062> 1620 -176
電子部門が伸び悩み第1四半期は市場想定下回る。

クボタ<6326> 1682.5 -152
通期予想の下方修正にネガティブインパクト。

グリー<3632> 568 -53
4-6月期の収益失速、今第1四半期減益予想を嫌気。

有沢製作所<5208> 1146 -89
第1四半期の低い進捗率をネガティブ視も。

レンゴー<3941> 1014 -58
第1四半期は好決算と映るが出尽くし感が優勢に。

大塚商会<4768> 3730 -170
上半期業績の下振れ着地を引き続きマイナス視。

アサヒ<2502> 5088 -268
国内事業の伸び悩みなどをマイナス視か。

ネオス<3627> 625 -72
需給妙味などで直近はリバウンドが続いたが。

アイスタイル<3660> 1306 -83
好業績観測報道伝わるがサプライズは乏しく。

北沢産業<9930> 274 -19
上値の重さを意識で戻り売りが優勢に。

レノバ<9519> 1977 -131
イーレックスの株価下落など重しにも。

ヤマダ電機<9831> 535 -17
第1四半期営業利益は市場の想定を下回る着地に。

新日鐵住金<5401> 2234.5 -52
決算サプライズは限定的でいったん換金売りも。

NTTドコモ<9437> 2873 +19.5
第1四半期は市場想定上回る好スタートに。

セーラー<7992> 274 +9
特に材料も見当たらず仕掛け的な動きか。

青山財<8929> 2269 +116
一部の経済評論家が推奨と。

タツモ<6266> 1424 -200
上半期業績上方修正も出尽くし感が優勢。

エナリス<6079> 438 -17
テナントビル向けクラウド型検針システム開発で買い先行も。

JMC<5704> 2705 +167
太知HDと心臓カテーテルシミュレーターの中東アフリカ向け販売業務提携。

ソルガムHD<6636> 20 -6
9月3日付で上場廃止。

UEX<9888> 817 +53
今期業績予想を上方修正。

JIA<7172> 4805 -170
上期営業利益は前年同期比124.7%増。

エクストリーム<6033> 2500 +500
引き続き中国でのアプリ配信を材料視。

モブキャスト<3664> 493 -21
新作サッカーゲームが中国テンセントゲームスからの配信決定。

システムズD<3766> 999 -147
第1四半期は黒字転換も進捗率の低さから計画未達懸念強まる。

プロレド<7034> 8560 +1500
直近IPOとして関心向かう。

三協フロン<9639> 3570 +190
第1四半期営業利益は前年同期比25.5%増の11.91億円で着地。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »