株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アジア開発キャピタル<9318>のフィスコ二期業績予想  8月04日22時36分

※この業績予想は2018年7月20日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

アジア開発キャピタル<9318>

3ヶ月後
予想株価
10円

金融事業や質屋事業、越境ECサイト運営事業、バイオマス燃料供給事業、日本食レストラン事業等を手掛ける。かつての日本橋倉庫。建設業を営む六合を売却。海外上場有価証券で評価損失が発生。18.3期は業績苦戦。

トレードセブンは業績順調。19.3期は売上拡大見通し。ブランド品買取専門店「Brand Pit」やバイオマス燃料PKSの輸出事業の開始等が売上寄与。だが、株価は手掛けづらい水準。業績見極めムードが先行へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/2,920/-250/-280/-330/-/0.00
20.3期連/F予/3,200/-180/-210/-250/-/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/07/20
執筆者:YK


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »