株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JPX日経400定期入れ替え、リクルートHD、東プレなどに買いインパクト◇  8月08日12時32分

 7日の取引終了後、「JPX日経インデックス400(JPX日経400)」の定期銘柄入れ替えが発表された。新規採用は26銘柄、除外銘柄は25銘柄だった。入れ替えの実施日は8月31日。前日の30日引けにリバランス売買が入るとみられている。SMBC日興証券では、今回の入れ替えでの新規採用による買いインパクトの大きな銘柄としてリクルートホールディングス<6098.T>、東プレ<5975.T>、ニチアス<5393.T>などを挙げた。一方、除外に伴う売りインパクトの大きな銘柄は南海電気鉄道<9044.T>、西日本鉄道<9031.T>、興銀リース<8425.T>などとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
大塚家具は一時10%安と急反落、ヨドバシカメラの買収否定報道を嫌気◇
<個人投資家の予想> 08月08日 12時
「サマータイム」関連が上位にランクイン、東京五輪開催対応での導入検討に関心高まる<注目テーマ>


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »