株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=大幅続落、リスクオフ加速で2万2000円台割れ  8月13日11時43分

 13日前引けの日経平均株価は前週末比355円85銭安の2万1942円23銭と大幅続落。前場の東証1部の売買高概算は7億3519万株、売買代金概算は1兆1327億2000万円。値上がり銘柄数は200、対して値下がり銘柄数は1855、変わらずは42銘柄だった。

 きょう前場の東京市場は、前週末の欧米株安を引き継ぎ朝方から売りに押される展開。寄り後も水準を徐々に切り下げ、フシ目の2万2000円大台を割り込んだ。トルコリラの急落に伴う欧州への影響や他の新興国通貨などへの影響が懸念されている。外国為替市場で1ドル=110円台前半まで円高が進んでいるほか、中国・上海株や香港ハンセン指数などアジア株も下げており、足もとはリスクオフの流れが勢いを強めている。全体の9割近い銘柄が下げている。

 個別では任天堂<7974.T>が売られ、ソニー<6758.T>、トヨタ自動車<7203.T>も軟調。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>などメガバンクも安い。三井金属<5706.T>が急落、IBJ<6071.T>はストップ安に売られた。半面、リクルートホールディングス<6098.T>が逆行高、日本郵政<6178.T>もしっかり。石原産業<4028.T>がストップ高となり、オープンドア<3926.T>も一時値幅制限いっぱいに買われた。セイコーホールディングス<8050.T>も物色人気となった。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<動意株・13日>(前引け)=ジーンズメイト、大気社、オープンドア
セイコーHDは3日ぶり大幅反発、第1四半期営業益の好進捗が買い手掛かり
オープンドアがストップ高、旅行サイト好調で4~6月期最終利益倍増


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »