株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

あいHDが軟調、国内大手証券は「3」へ引き下げ  8月21日11時22分

 あい ホールディングス<3076.T>が軟調。大和証券は20日、同社株のレーティングを「2(アウトパフォーム)」から「3(中立)」へ引き下げた。目標株価は3020円から2480円に見直した。18年6月期の連結営業利益は前の期比6%増の89億8400万円と会社計画(95億円)に未達で、同証券予想の91億7000万円にも届かなかった。また、19年6月期の同利益も95億円の計画と同証券の従来予想99億円を下回った。IoT関連での先行投資負担が継続し、利益成長を圧迫している。引き続き、セキュリティーでの自社導入機のリプレース需要により、安定的な拡大が継続していくとみているが、先行投資負担により全体の利益成長期待は後退していることを懸念している。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<08月20日の5日・25日移動平均線デッドクロス銘柄>
レカムが反発、中国子会社が現地BPO企業を買収
債券:先物、前場終値 前営業日比3銭安の150円48銭 


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »