株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「宅配ボックス」が14位にランクイン、規制緩和の方針が報じられ需要増の思惑働く<注目テーマ>  8月29日12時21分

★人気テーマ・ベスト10
1 QRコード
2 電気自動車充電器
3 人工知能
4 バイオマスプラスチック
5 サイバーセキュリティ
6 5G
7 全固体電池
8 バイオテクノロジー関連
9 eスポーツ
10 ソーシャルゲーム

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「宅配ボックス」が14位にランクインしている。

 26日付の読売新聞で「国土交通省は、不在時でも宅配便の荷物を受け取れる宅配ボックスの設置規制を緩和し、全ての建築物に置きやすくする方針を決めた」と報じられており、これが注目度上昇のきっかけとなったようだ。

 宅配ボックスは宅配ロッカーともいわれ、宅配業者が配達先を訪問したが不在だった時に、荷物を預けておけるロッカー型設備のこと。インターネット通信販売の拡大に伴い宅配便の物流量が増えるなか、配達ドライバーの負担軽減が社会的にも問題視されており、再配達を減らすべく、宅配ボックスの設置が進められている。

 昨年11月には、マンションなど共同住宅については設置基準が緩和されているが、国土交通省では、規制緩和の対象を全ての建築物に拡大する方針を打ち出ししている。9月中にも規制緩和がまとめられるもようで、これによりオフィスビルや病院、ショッピングセンター、駅ビルなどで宅配ボックスの設置が進むことが期待されている。

 関連銘柄としては、神栄<3004.T>やアルファ<3434.T>、ダイケン<5900.T>、パナソニック<6752.T>などが挙げられるが、この日は目立った動きは少ない。ただ、規制緩和のニュースで再び関心が高まることが予想され、動向には注目が必要だ。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<08月28日の陽線包み足達成銘柄(買いシグナル)>
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位にアウン
午前:債券サマリー 先物は続落、米債券安などが影響


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »