株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ホーチキが続落、国内大手証券が投資判断を引き下げ  9月03日13時08分

 ホーチキ<6745.T>が続落している。大和証券が31日付で、投資判断を「2」から「3」へ引き下げたことが弱材料視されているようだ。

 19年3月期第1四半期営業損益は9億1600万円の赤字(前年同期は300万円の赤字)で、会社計画を大きく下回ったもよう。同証券では、英国子会社ケンテック社で、付加価値の高い新型受信パネルの販売が伸びず、従来機種の販売が伸びて製品ミックスが悪化したことや、国内のリニューアル売り上げと代理店向け販売の下振れが主な理由としている。また、中長期的な海外の成長性は評価しているが、今期の会社計画を下振れるリスクがあり株価の上値は重いとして、目標株価を2350円から1600円へ引き下げている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位に日特建
インターワークスが後場上げ幅を拡大、ペイミーと業務提携を開始
グレイステクが5連騰、2カ月ぶりに分割後高値を更新


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »