株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1:アルヒ、ファンケル、アイスタイルなど  9月06日07時15分

銘柄名<コード>5日終値⇒前日比

PALTEK<7587> 607 +22
人工知能のパッケージ開発を手掛けるハカルスと協業開始。

東陽テク<8151> 929 +24
自動運転車用センサ「XenoLidar」を販売開始。

FRONTEO<2158> 1046 +9
オリックス・レンテックが受付・接客支援ロボ「Kibiro for Biz」の取扱い開始。

リンガーハット<8200> 2366 +21
8月の既存店売上高は4カ月ぶりに前年を上回る水準に。

ペッパーフードサービス<3053> 3910 +320
米ナスダックでのADR上場申請を発表。

ユナイテッドアローズ<7606> 4230 +265
4日に発表した8月の月次動向を評価へ。

アダストリア<2685> 1392 +92
8月既存店はプラスに転換で買い安心感。

鎌倉新書<6184> 1141 +52
もみ合い上放れで売り方の買い戻しが優勢。

名村造船所<7014> 521 +28
目立った材料は観測されないが資産価値からの割安感は意識も。

前田工繊<7821> 2098 +129
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では新規に買い推奨。

TOKYO BASE<3415> 687 +34
25日線支持線と意識で買い戻しも。

ファーストリテイリング<9983> 53850 +1650
8月の既存店売上高は4カ月ぶりにプラス転換。

ジーンズメイト<7448> 641 +7
8月の月次動向受けて猛暑の影響懸念払拭。

アルヒ<7198> 2497 -320
住宅関連の一角下落などで利食い売り誘われる形にも。

ファンケル<4921> 5380 -580
関空の台風被害によって訪日客の減少を懸念視。

カチタス<8919> 2930 -280
TATERU関連業界の一角として引き続き売りが波及。

LINE<3938> 4825 -255
CB発行による潜在的な希薄化をマイナス視。

KYB<7242> 4175 -305
ジェフリーズ証券では「バイ」から「ホールド」に格下げ。

アイスタイル<3660> 1302-130
インバウンド関連の一角と捉えられ売り波及か。

ヨータイ<5357> 846 -59
25日線割れで短期資金の見切り売り圧力も。

オープンハウス<3288> 5740 -370
TATERUの影響か、中小型建設株の一角は買い控えも。

南海電気鉄道<9044> 2776 -129
台風21号の影響による被害で業績への影響を懸念も。

共立メンテナンス<9616> 4940 -240
インバウンド向けの需要減少懸念が波及か。

コーセー<4922> 19520 -1410
インバウンド関連の代表格として売り圧力強まる。




<DM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »