株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ダイニチ工業<5951>のフィスコ二期業績予想  9月08日21時57分

※この業績予想は2018年8月24日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ダイニチ工業<5951>

3ヶ月後
予想株価
800円

家庭用石油ファンヒータや業務用ストーブが主力。加湿器やコーヒー焙煎機なども。国内生産にこだわり。来夏をメドに物流拠点を再構築し、物流費を抑制。気温が下がる下期に収益偏重。19.3期1Qは例年通り費用先行。

19.3期は石油暖房機器の輸出が好調。国内は厳冬だった前年のハードル高いが、気温平年並を前提に高付加価値品の拡販で補う。加湿器は順調。償却費増こなし、増益確保へ。PERに割安感乏しく、株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3単/F予/20,600/900/900/600/33.93/22.00
20.3単/F予/21,200/950/950/630/35.63/22.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/08/24
執筆者:JK


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »