株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米連邦裁判事、ICOにはSEC規制が適用すると判断【フィスコ・ICOニュース】  9月12日07時26分

仮想通貨起業家による「自身が創設した通貨は刑法上、証券ではない」との申したてを、米連邦裁判所判事は却下した。“REcoin”と“ダイアモンド”と呼ばれる暗号コインを不正・詐欺目的で創設した疑いで仮想通貨起業家の被告、aksim Zaslavkiy'sは、起訴された。

米連邦裁判所判事は問題となった2つのコイン、“REcoin”と“ダイアモンド”が証券であると定義するにはいたらなかったが、「陪審員は連邦証券法にもとづき判断することが可能だ」と主張した。

米証券取引委員会(SEC)のクレイトン委員長も6月に「当局は仮想通貨のために規制を修正することはない」と明らかにした。仮想通貨の中で、現時点で、商品としてみなされ、証券法が適用されないのは、ビットコインとイーサーのみ。クレイトン委員長はまた、全てのイニシャルコインオファリング(ICO)を証券と見なし、規制されることを明らかにしている。



<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ICOニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »