株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「大阪万博」は7位に浮上、開催地決定を控え関心徐々に高まる<注目テーマ> 11月14日11時18分

1 キャッシュレス決済
2 サイバーセキュリティ
3 人工知能
4 バイオテクノロジー関連
5 5G
6 iPS細胞
7 大阪万博
8 セルフレジ
9 TOPIXコア30
10 アップル

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「大阪万博」が7位に浮上している。

 大阪での開催を目指す2025年開催予定の国際博覧会(万博)の開催地がもうすぐ決定する。同万博にはロシアのエカテリンブルク、アゼルバイジャンのバクーも立候補しており、11月23日に行われる博覧会国際事務局(BIE)総会で、加盟する170カ国の投票により決定される。

 2005年日本国際博覧会協会によると、愛知万博での経済効果は1兆6000億円だった。関西の人口や05年からの訪日外国人の増加を考慮すると、大阪万博が開催されればより大きな経済効果が期待されている。日本総研が17年11月に発表した「夢洲における万博・IR(カジノを含む統合型リゾート)の概要と課題」によると、25年単年での経済効果は万博・IRで2兆6000億円に達するとされており、総会開催日が近づくにつれ、関連銘柄にも関心が高まりそうだ。

 会場となる夢州(大阪市此花区)には、カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致への期待もある。万博開催で恩恵を受けそうな鉄道会社やホテルをはじめ、大阪を地盤とする建設会社、大規模イベントに欠かせない警備会社、夢州周辺に拠点を持つ企業などに加えて、各種遊戯機械を手掛ける企業などが注目されており、この日は、JR西日本<9021.T>、南海電気鉄道<9044.T>、京阪ホールディングス<9045.T>や、ALSOK<2331.T>、三精テクノロジーズ<6357.T>、乃村工芸社<9716.T>などが堅調な動きとなっている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
メックが20万株を上限とする自社株取得枠を設定
午後:債券サマリー 先物は小反落、弱めの入札結果など影響
ライトオンの11月度既存店売上高は4カ月ぶり前年下回る


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »