株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADEKAは5日続伸、日本農薬の連結子会社化が業績上方修正に貢献◇ 11月29日14時41分

 ADEKA<4401.T>は5日続伸。一時、前日比66円高の1800円まで買い進まれている。株価は21日に1651円の安値で二番底をつけて、反転上昇軌道を鮮明にしている。株価指標面では、PER11倍台、PBR0.9倍台と割安水準にある。

 同社は14日、19年3月期通期の連結業績予想について、売上高を2590億円から2980億円(前期比24.4%増)へ、経常利益を232億円から260億円(同16.4%増)へ、純利益を159億円から164億円(同6.9%増)へ上方修正し、あわせて期末配当予想を22円から24円へ増額した。9月28日付で持ち分法適用会社だった日本農薬<4997.T>を連結子会社化したことが売上高・利益を押し上げる見通し。また、液晶ディスプレイの高精細化や好調な半導体市場の需要を捉えて、光学フィルムやフォトレジスト向けに光硬化樹脂、光開始剤の販売が好調なことなども寄与している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 11月29日 14時
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
ダイキンは大幅続伸で25日線上抜く、AHT社買収による業容拡大効果は絶大


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »