株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:エンバイオがストップ安、フリークHDは一時ストップ高 12月18日15時30分

<7046> TDSE 6610 -
公開価格(3200円)を98.4%上回る6350円で初値を付けた。設立は13年10月。ビッグデータ・AIを活用したソリューション提供及びAI製品の提供が事業の柱。19年3月期の営業利益予想は前期比163.0%増の1.51億円。第2四半期累計の実績は0.78億円で、進捗率は51.7%。上期は概ね期初計画通りに進捗、下期も既存顧客中心に受注確度が高い案件を中心に計画、利益拡大を見込んでいる。


<6094> フリークHD 1570 +225
一時ストップ高。伊藤忠商事<8001>と資本業務提携し、投資契約及び業務提携契約を締結すると発表。デジタルマーケティング領域での新規サービスの共同開発や海外事業の拡大などで提携。伊藤忠は第三者割当増資及び譲渡でフリークアウト株283万5700株(所有議決権数の割合は18.00%)を取得する。また、事業の成長と資金調達を優先させるとして、東証本則市場への市場変更申請を取り下げた。


<4592> サンバイオ 8610 +210
反発。東証が18日から信用取引規制を解除したことが好感され、投資資金が流入している。同株は前日まで、信用取引による新規の売付及び買付に係る委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)とする規制措置を受けていた。日証金も貸借取引自己取引分及び非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分に係る銘柄別増担保金徴収措置を解除している。


<6092> エンバイオHD 622 -150
ストップ安比例配分。連結子会社の関東ミキシングコンクリート(千葉市)が千葉県知事から17日に廃棄物処理業及び廃棄物収集運搬業の許可を取り消すとの行政処分を受けたと発表している。産業廃棄物の処分を許可なく他人に委託したとみなされたためという。エンバイオは行政不服審査法に基づく処分取り消しの審査請求を申し立てるとともに、処分の執行停止を求める予定。


<2437> Shinwa 271 +6
大幅に4日ぶり反発。フィスコ<3807>及びネクスグループ<6634>、イー・旅ネット・ドット・コムと業務提携契約を締結すると発表。フィスコが配信するオンラインコンテンツに、Shinwa Wiseが有する美術品や骨董品、オークション情報などを載せることが可能になる。また、ネクスグループが持つブランドやワインに関する情報、イー・旅ネットの旅行企画などをShinwa Wiseの顧客に提供する。


<1450> 田中建設工業 2399 -
公開価格(2400円)を7.1%上回る2570円で初値を付けた。82年2月設立。事業の内容は建築構造物の解体工事並びにそれに付随する各種工事の施工監理。19年3月期の営業利益予想は前期比42.0%減の7.30億円。第2四半期累計の実績は5.33億円。進捗率は約73%。前期の売上原価率を押し下げた大型高採算工事が19年3月期は見込まれないことから、反動で減益になると計画している。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »