株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

KudanやAmidAHDなど直近IPO株が高い、値動き軽く再評価の買い◇  1月09日11時19分

 Kudan<4425.T>やAmidAホールディングス<7671.T>、テノ.ホールディングス<7037.T>、ベルトラ<7048.T>といった直近IPO銘柄が高い。値幅取りを狙った買いが値動きの軽い直近IPO銘柄に流入している。

 Kudanは一時、前日に比べ9.8%高と大幅に4日続伸。同社はカメラなどのイメージングデバイスに高度な視覚能力を与える人工知覚(AP)のアルゴリズムを研究開発するベンチャーで12月19日に東証マザーズに新規上場した。成長期待は高く、株価は上場初日につけた1万5400円高値更新を目前に捉えている。AmidAHDはストップ高と急騰。12月20日に東証マザーズに新規上場。印鑑及びスタンプを中心としたインターネット通販サイト「ハンコヤドットコム」の運営などを主な事業としている。同社株には、改元に絡み印鑑やスタンプへの特需思惑が浮上している。テノ.ホールディングスは12月21日に東証マザーズと福証Qボードに新規上場。九州を中心に西日本や関東で保育所運営を主力としている。この日は前日に比べ14.1%高に買われ、上場初日につけた2424円の高値を更新している。ベルトラは一時、前日比8.8%高に買われた。同社は海外・国内の現地体験型オプショナルツアー専門のオンライン予約サイトを運営している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
AmidAHDがストップ高、改元に絡む「印鑑」需要に思惑
<01月08日の昨年来高値更新銘柄> 01月09日
Aimingが4連騰、スマホゲーム「Project:R」を中国ジャイアント社と共同開発


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »