株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

タビオは3日続伸、新規出店効果で第3四半期19%営業増益  1月09日13時05分

 タビオ<2668.T>は3日続伸。8日の取引終了後に発表した第3四半期累計(18年3~11月)連結決算が、売上高118億6400万円(前年同期比1.1%増)、営業利益3億1700万円(同19.2%増)、純利益1億9300万円(同5.9倍)と大幅増益となったことが好感されている。

 フランチャイズチェーン1店舗、直営店8店舗の新規出店(退店はフランチャイズ8店舗、直営店4店舗)を行ったことに加えて、店舗の収益力向上を意識した店舗運営を進めたことが奏功。また、前年同期に計上した関係会社清算損がなくなったことなども最終利益を押し上げた。

 なお、19年2月期通期業績予想は、売上高169億8900万円(前期比3.7%増)、営業利益6億4200万円(同36.5%増)、純利益3億8300万円(同3.5倍)の従来見通しを据え置いている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
アイフリークが大幅3日続伸、ウェアラブルから「Challet」採用の意向表明書を受理
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にソフトバンク
ナノキャリアは後場カイ気配、NC-6004とキイトルーダ併用による第2相治験許可申請を欧州当局に提出


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »