株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2:田岡化学工業、愛光電気、トレンダーズなど  1月30日07時32分

銘柄名<コード>⇒29日終値⇒前日比

安川電機<6506> 2990 -125
中国リスクの再燃でFA関連には売り集まる。

ネクステージ<3186> 1228 -43
上値の重さも意識されて利食い売り集まる。

日立建機<6305> 2654 -121
米キャタピラーの決算受けて中国需要の減少に警戒感。

新日本理化<4406> 196 +20
28日から人気化で値動きの軽さ妙味に。

SUMCO<3436> 1470 -31
米半導体関連株の下落に引きずられる。

東海カーボン<5301> 1448 -66
29日は景気敏感株が総崩れの展開にも。

日本通信<9424> 131 -1
27日急騰の反動で処分売り優勢続く。

小松製作所<6301> 2711.5 -129.5
米キャタピラーが決算発表後に急落で。

ソフトバンクグループ<9984> 8200 +124
米エヌビディアの株価急落で含み益減少懸念。

ファナック<6954> 18145 -530
クレディ・スイス証券では目標株価を引き下げ。

村田製<6981> 14580 -315
野村證券では電子部品各社の業績予想を下方修正。

ピーエイ<4766> 193 +45
特に材料観測されず低位株循環物色の動きにも。

田岡化学工業<4113> 4770 +700
通期業績・配当予想を上方修正。

ユニバンス<7254> 350 +28
株価水準の割安感などにもスポット当たるか。

ショクブン<9969> 265 -10
信用取引の委託保証金率引き上げをマイナス視。

東映アニメ<4816> 4405 +185
19年3月期の営業利益予想を150.00億円に上方修正、年間配当は62円に増額。

MDNT<2370> 73 +0
新規モノクローナル抗体の研究用製品開発で米社とライセンス契約。

愛光電気<9909> 2560 +500
19年3月期第3四半期の営業利益41.5%増、進捗率100%。

サンバイオ<4592> 11710 +510
19年1月期営業損失予想を38.81億円に下方修正、一部の開発協力金収入を翌期計上。

ジェイテック<2479> 306 +23
19年3月期の営業利益予想を1.91億円に上方修正、稼働率など高水準。

CANBAS<4575> 504 +12
米国癌研究会議年次会議で研究成果をポスター発表。

リネットジャパン<3556> 1285 +90
知的障がい者の雇用支援及び人材紹介事業開始を発表で買い先行。

トレンダーズ<6069> 992 +150
ショートムービーアプリ「TikTok」専門のマーケティング部署を設立。

バルニバービ<3418> 1057 -106
配当・優待権利落ちで売りが優勢に。

ハーモニック<6324> 3620 -220
直近急騰の反動で。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »