株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証REIT指数は2年半ぶり高値圏に上昇、長期金利低下で投資妙味増す◇  2月01日12時47分

 東証REIT指数が続伸。この日は一時1864まで値を上げており、16年7月以来、2年半ぶりの高値水準に上昇している。東証に上場するREITの平均利回りは4%前後と高い点が魅力だ。1月30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では米利上げの一時停止が示唆され、世界的に金利は低下基調にある。こうしたなか、高利回り商品であるREITは一段と注目を浴びる状況となっている。同指数に連動するNEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信<1343.T>やSMAM 東証REIT指数上場投信<1398.T>などのETFも昨年来高値に買われている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
インターワークスが後場上げ幅を拡大、19年3月期営業利益予想の据え置きで安心感
債券:先物、後場始値は前営業日比5銭高の152円74銭
FUJIKOが後場カイ気配、受入単価改定など寄与し19年6月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »