株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1:RVH、ヤマシタヘルスケアホールディングス、平河ヒューテックなど  2月07日07時15分

銘柄名<コード>6日終値⇒前日比

トヨタ<7203> 6703 -49
第3四半期営業利益9.5%増、通期純利益を下方修正。

レンゴー<3941> 965 +25
第3四半期営業利益は前年同期比51.7%増、進捗率91.1%。

RVH<6786> 243 +50
株主優待制度を変更。

三菱ガス<4182> 1710 -30
今期業績予想を下方修正。

ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265> 1344 +228
人工関節手術用器具を台湾で生産と伝わる。

平河ヒューテック<5821> 1478 +243
10-12月期大幅増益や株主優待制度の新設なども材料視。

プロパティエージェント<3464> 1160 +143
第3四半期の大幅増益決算を好感へ。

三井海洋開発<6269> 2979 +439
前期業績の大幅上振れ着地を好感。

ダントーHD<5337> 122 +7
値動きの軽さや値ごろ感から短期資金の関心が続く。

ヤマハ<7951> 5470 +615
堅調決算と自社株買いの実施を評価。

川崎汽船<9107> 1551 +131
米中防衛協議進展期待などで海運株が買われる。

ヨシムラ・フード・ホールディングス<2884> 682 +60
リバウンド本格化の流れが持続。

共立印刷<7838> 236 +14
元号関連として関心が向かう展開か。

廣済堂<7868> 792 +61
レノの保有比率が上昇へ。

日本触媒<4114> 7530 +300
第3四半期経常増益確保などをプラス視。

大平洋金属<5541> 3080 +157
業績下方修正も悪材料出尽くし感が台頭か。

資生堂<4911> 7122 +311
米エスティローダーの上方修正受けて中国需要への警戒感が和らぐ。

日信工業<7230> 1566 +83
10-12月期のコンセンサス上振れ決算を評価へ。

カチタス<8919> 3360 +145
第3四半期好決算で通期上振れ期待も。

協和発酵キリン<4151> 2235 +124
経営資源集中や株主還元策を評価へ。

セガサミーHD<6460> 1347 -182
想定外の大幅下方修正にネガティブインパクト。

オカムラ<7994> 1273 -132
第3四半期営業増益率鈍化などマイナス視も。

アトラ<6029> 414 -44
12月期通期業績予想を下方修正している。

ハウスドゥ<3457> 1468 -65
5日は決算再評価で大幅高となったが。

エヌ・ティ・ティ・データ<9613> 1218 -123
10-12月期収益想定比下振れや受注鈍化を嫌気。

ゼンショーHD<7550> 2345 -208
第3四半期営業増益決算も進捗率低く。

ニチレイ<2871> 2743 -223
10-12月期営業利益はコンセンサス下振れ。

ZOZO<3092> 1815 -145
安値更新で見切り売り圧力が増す形にも。

サンケン電気<6707> 2173 -137
通期業績予想の下方修正を嫌気する。

任天堂<7974> 29505 -1735
エレクトロニックアーツの時間外下落もマイナス視。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »