株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

テクノ菱和、ソフトバンクG◆今日のフィスコ注目銘柄◆  2月07日08時47分

テクノ菱和<1965>

昨年11月8日高値933円をピークに調整が続いていたが、足元では緩やかなリバウンド基調をみせており、直近の上昇で75日線を上放れてきている。一目均衡表では雲のねじれの局面で綺麗に雲を上放れてきており、遅行スパンも実線を上放れる格好で、上方シグナルを発生させている。週間形状では13週、26週、52週線をそれぞれクリアしてきており、11月の戻り高値水準突破が意識される。


ソフトバンクG<9984>

第3四半期決算については、売上高は前年同期比5.2%増の7兆1684.52億円、営業利益が同61.8%増の1兆8590.07億円だった。営業利益は10-12月期で4382億円となり、コンセンサス(2950億円)を上回った。また、1億1200万株、6000億円を上限に自社株買いを発表。発行済み株式数の10.3%に上る自社株取得を評価してくると考えられ、短期筋の値幅取り狙いの資金も向かいやすいだろう。




<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »