株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

システムズDが急反落、人員確保進まずシステム開発受託の受注伸び悩み19年3月期業績予想を下方修正  2月12日13時58分

 システムズ・デザイン<3766.T>が急反落している。8日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想について、売上高を94億500万円から89億7000万円(前期比8.1%増)へ、営業利益を3億1800万円から1億500万円(同51.4%減)へ、純利益を1億8700万円から1億500万円(同21.6%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 システム開発事業で、人員の確保が計画どおり進まずシステム開発受託業務の受注が伸び悩んだことに加えて、100%子会社アイデスの全株式の譲渡により、第4四半期に見込んでいた売上高が連結対象から除外されることになったことが要因としている。さらに、データ入力受託業務における契約及び法令違反に伴い、顧客対応による販管費増があったことも響いたという。

 なお、同時に発表した第3四半期累計(18年4~12月)決算は、売上高65億4900万円(前年同期比15.4%増)、営業利益6400万円(前年同期600万円の赤字)、最終損益6700万円の赤字(同2700万円の赤字)だった。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
村田製は5%超の大幅高、5G基地局向けコンデンサーの需要に思惑
グリムスが大幅反発、4~12月期は前期比4割増の営業増益 進捗率89%で増額期待
債券:国債買いオペ、「残存期間10年超25年以下」の応札倍率3.94倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »