株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

フリューが3連騰、プリントシールのプレイ回数増で19年3月期業績予想を上方修正  2月14日09時06分

 フリュー<6238.T>が3連騰。13日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想について、売上高を250億円から268億円(前期比5.6%増)へ、営業利益を25億円から32億8000万円(同33.7%増)へ、純利益を17億4000万円から17億7000万円(同2.6%増)へ上方修正したことが好感されている。

 プリントシール事業のプレイ回数やプリントシール画像取得・閲覧サービス「ピクトリンク」の有料会員数の増加に加えて、キャラクタ・マーチャンダイジング事業の受注好調が売上高・利益を押し上げた。また、持ち分法適用関連会社だったコアエッジを連結子会社化したことも寄与した。

 あわせて発表した第3四半期累計の連結決算は売上高202億3800万円(前年同期比7.8%増)、営業利益27億7500万円(同44.2%増)、純利益14億1000万円(同8.3%増)だった。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
フリューが19年3月期業績予想を上方修正
東京株式(寄り付き)=売り買い交錯、円安追い風も利食い圧力表面化
債券:先物、前場始値は前営業日比横ばいの152円67銭 


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »