株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

資生堂、コスモス薬品などインバウンド関連に売り優勢、訪日外客数伸び鈍化で利食い◇  2月21日10時57分

 コスモス薬品<3349.T>、サンドラッグ<9989.T>などドラッグストアのほか資生堂<4911.T>、ファンケル<4921.T>など化粧品株の一角が売り優勢の展開。前日発表された1月の訪日外客数は前年同月比7.5%増の268万人と4カ月連続の増加を示したが、伸び率が2ケタに届かず、鈍化していることがインバウンド関連株全般には向かい風となっている。きょうは全体相場も先物主導で日経平均は前日終値を下回って推移しており、内需のディフェンシブセクターも利益確定売りの対象となっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
ナブテスコが3日続落、国内有力証券は投資判断を新規「A」でカバレッジ開始
21日中国・上海総合指数=寄り付き2759.9383(-1.2806)
21日香港・ハンセン指数=寄り付き28450.00(-64.05)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »