株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本国土開発の公開価格は510円に決定、3月5日東証1部市場に新規上場  2月22日16時18分

 3月5日付で新規上場予定の日本国土開発<1887.T>の公開価格が、仮条件(490~510円)の上限である510円で決定した。また、これまで東証1部または2部としていた上場区分も東証1部市場に確定した。

 同社は中堅ゼネコン。1999年3月まで東証1部に上場していたが、バブル経済の破綻とその後の経済低迷に伴う経営悪化により98年12月に会社更生法適用を申請し、99年3月に上場を廃止した。その後、自主再建により2003年9月に会社更生手続きを終結。20年ぶりに再上場する。公募株式数1208万株、売出株式数137万6000株のほか、オーバーアロットメントによる売り出し201万8400株を予定。主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
午後:債券サマリー 先物は横ばい、一時153円台乗せも買い続かず
22日韓国・KOSPI=終値2230.50(+1.84)
マミヤオーピーが19年3月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »