株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は3日続伸、バイオ株や直近IPO銘柄の一角で活況続く  3月05日16時33分

 本日のマザーズ市場は、日経平均が反落するなかで相対的に堅調ぶりが目立った。朝方こそ米株安の流れから利益確定の売りが先行したものの、下値では個人投資家の押し目買い意欲が強く、値を戻した。マザーズ売買代金トップのサンバイオ<4592>などのバイオ株や直近IPO銘柄を中心に売買は活発だった。なお、マザーズ指数は3日続伸、売買代金は概算で1311.98億円。騰落数は、値上がり111銘柄、値下がり151銘柄、変わらず12銘柄となった。
 個別では、前述のサンバイオが10%高と大幅に3日続伸し、売買代金2位のアンジェス<4563>が反発するなどバイオ株の一角が買われた。直近IPO銘柄では識学<7049>やスマレジ<4431>が上昇。識学は個人向け新サービスの提供開始を材料視する向きがあった。東証1部への市場変更を発表したSMN<6185>は急伸。また、ライトアップ<6580>やSERIOHD<
6567>、トランザス<6696>はストップ高水準で取引を終えた。一方、UUUM<3990>、オンコリス<4588>、リックソフト<4429>などは軟調。また、リネットジャパン<3556>やKudan<4425>は利益確定売りがかさみ、マザーズ下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »