株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アジア開発キャピタル<9318>、中古ブランド品買取事業を承継  3月12日09時11分

アジア開発キャピタル<9318>は、株式会社エンパワー及び同社完全子会社・ホームズ株式会社の中古ブランド品買取事業を吸収分割により新設会社にて承継することについて、基本合意書締結を決定した。

アジア開発キャピタルグループは、国内の主力事業として金融業に注力している。2017年4月より、M&Aを通じて質貸付、中古ブランド品買取及び商品の仕入れ販売事業を開始し、以降、事業を拡大している。

エンパワーグループは、「大吉」ブランドにて全国に284店舗(フランチャイズを含む。2019年2月末時点)を運営する中古ブランド品買取事業の大手企業。

本件により、アジア開発キャピタルは、エンパワーグループの有する優良な既存直営店舗(80店舗を想定)やフランチャイザーとしての事業等を承継し、中古ブランド品買取事業の拡大とさらなる成長を目指す。

【ニュース提供・日本M&Aセンター<2127>】


<HI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »