株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

25日線前後で小動き、一目均衡表はもみ合い継続示唆  3月15日07時42分

[本日の想定レンジ]

14日はNYダウが7.05ドル高の25709.94、ナスダック総合指数が12.50pt安の7630.91、シカゴ日経225先物が大阪比50円高の21170円。本日の日経平均は25日線前後での小動きが予想される。昨日まで2日連続でローソク足が長い陰線を引いており、上値では売り圧力が強い。一方、25日線を下回る水準では着実に買いが入り、底堅さが確認されているため、結果として上下どちらにも動きににくい相場となりそうだ。一目均衡表では、基準線と転換線が横ばいで、目先のもみ合い継続を示唆。ボリンジャーバンド(25日ベース)では、日々線は中心線付近での推移が予想される。11日安値が-1σに、12日高値が+1σにそれぞれ接近して上下両方の抵抗線を確認した形となっており、特段の材料が出てこない限り、中心線付近での攻防が続こう。

[予想レンジ]

上限21450円−下限21250円



<DM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »