株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は3日ぶり小幅反落、下げ渋るも上値の重さ意識  3月19日15時58分

日経平均は3日ぶり小幅反落。週明け18日の米国市場でNYダウは4日続伸し、65ドル高となった。翌日から開催される連邦公開市場委員会(FOMC)で年内の利上げ凍結の見方が一段と強まるとの思惑から買いが入った。一方、為替相場が1ドル=111円台前半と円高に振れたこともあり、本日の日経平均は利益確定売り優勢で26円安からスタートすると、朝方には一時21425.79円(前日比158.71円安)まで下落した。
中国・上海株が小高く始まったことなどからプラスに転じる場面もあったが、上値を追う動きは限られた。

大引けの日経平均は前日比17.65円安の21566.85円となった。東証1部の売買高は11億0401万株、売買代金は1兆8954億円だった。業種別では、小売業、電気・ガス業、その他製品が下落率上位だった。一方、保険業、その他金融業、パルプ・紙が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の69%、対して値上がり銘柄は28%となった。

個別では、ZOZO<3092>が売買代金トップで11%を超える下落。一部証券会社のレーティング引き下げが観測されており、手仕舞い売りがかさんだようだ。その他売買代金上位では任天堂<7974>が軟調で、武田薬<4502>、ソニー<6758>、東エレク
<8035>などは小安い。レーティング引き下げ観測のエン・ジャパン<4849>や決算発表のツルハHD<3391>は大きく売られた。また、ZOZOとともに業績下方修正のメガチップス<6875>などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、欧米の金融株高を引き継いで三井住友<8316>や三菱UFJ<8306>といったメガバンク株がしっかり。ソフトバンクG<9984>やトヨタ自<7203>は小高い。レーティング引き上げ観測の日立<6501>は4%高と上げが目立ち、JDI<6740>は投資ファンドによる株式保有目的変更を受けて急伸。またファンコミ<2461>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »