株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ZOZO急落で値下がり率トップ、外資系投資判断引き下げとリバランスの売り直撃  3月19日14時53分

 ZOZO<3092.T>が急落、東証1部値下がり率トップに売り込まれた。市場では「同社株は2月下旬を境に戻り相場に入っていたが、きょうはJPモルガン証券が投資判断を『オーバーウエイト』から『ニュートラル』に引き下げたことで利益確定売りを一気に誘発する形となった。また、株式需給面では米マクロ系ファンドのリバランスによる売り圧力の影響も反映されたとみられる」(国内ネット証券大手)との指摘があった。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=反落、利食い優勢も売り一巡後は下げ渋る
シーイーシーが強含む、CSPとセキュリティー分野で協業◇
萬世電機が一時20%高、19年3月期業績及び配当予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »