株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大幸薬品---通期業績予想の上方修正と増配を発表。経常利益は29.4%増の18.50億円、期末配当は10円増の25円に  3月20日08時44分

大幸薬品<4574>は15日、2019 年3月期通期の業績予想及び配当予想の修正を発表した。

2019年3月期通期業績予想の売上高を2018年5月11日発表の前回予想比11.1%増の104.00億円に、営業利益を同比22.7%増の20.00億円に、経常利益を同比29.4%増の18.50億円に、親会社株主に帰属する当期純利益を38.6%増の14.00億円にそれぞれ上方修正した。また、配当予想についても期末配当金を1株当たり15.00円から25.00円に修正し、年間配当金が前回予想の1株あたり25.00円から35.00円となった。

同社によれば、主に感染管理事業において、国内一般用製品のデザインリニューアルに伴う販促強化、新テレビコマーシャルの放映等により店頭販売も好調に推移したこと等から、前回予想比で売上高が大幅に増加したとしている。また配当について同社は、堅実な成長性を維持する事業展開と安定的な経営体力維持のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を維持していくことを基本方針とし、連結業績も反映させることとしている。上記の通期業績予想の上方修正に伴い、今回の増配に至ったとしている。



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »